【ZENITH】ショップ限定、トミヤ スペシャルモデルを発表。

【ZENITH】ショップ限定、トミヤ スペシャルモデルを発表。

ゼニススーパーコピーのアイコンモデル、クロノマスター エル・プリメロ オープンモデルからラッカー文字盤を採用した特別な限定モデル発表されました。


ゼニスのアイコンモデル、クロノマスター エル・プリメロ オープンモデルからTOMIYA Special Modelが発表されました。
オリジナル モデルにはない、ラッカー文字盤を採用した特別な限定モデルです。
1969年、ゼニスは初の完全一体型の自動巻きコラムホイール クロノグラフ ムーブメントであるエル・プリメロを発表し、1/10秒の精度を実現しました。完璧と追求と、時計製造の伝統を生み出す定評ある能力を究極の形で満たした画期的なモデルは現在に至るまで決して超えられたことのない、時計製造の歴史における新しいマイルストーンを打ち立てました。ゼニスの遺伝子を凝縮したこのクロノグラフはムーブメントの動きを文字盤から覗くことが出来る様、開口部を設けました。

エル・プリメロ 4061ムーブメント

クロノマスター エル・プリメロ オープン FOR TOMIYAはキャリバー4061が搭載されており、設計から製造まで全てをゼニスの工房内で行っています。2003年に発表された文字盤に開口部を設けたオープンコンセプトを開発する際、ゼニスの時計職人と設計士はキャリバーのデザインを見直し、11時位置の開口部からムーブメントの心臓部を見ることができるよう、レギュレーターを中央からずらして配置しました。他のエル・プリメロキャリバー同様、36,000回の振動数を誇るこのキャリバーは1/10秒という短時間を計測できる唯一の量産型クロノグラフとしてゼニスの象徴の一つとなっています。

クロノマスター エル・プリメロ オープン

42mm径のステンレススティールケースに採用された文字盤はラッカー仕上げが施され、独特の輝きが特徴です。白ラッカーと黒ラッカーの2種類の文字盤色、各25本のみ限定生産されます。また、2018年はクロノマスター コレクションの新作はこのトミヤ限定のみとなり、希少性の高いモデルとなっております。 50時間以上のパワーリザーブ、そして、ラッカー仕上げの文字盤には、中央に時針と分針、そしてクロノグラフ針、3時位置にクロノグラフ30分積算計、6 時位置に12時間 積算計、9 時位置にスモールセコンドが配置されています。

Chronomaster El Primero Open For Tomiya

技術データ

品番: 03.20421.4061/01.C494(白文字盤)¥980,000
03.20422.4061/21.C496(黒文字盤)¥980,000

セールスポイント
各25本限定のみ生産(計50本)
ラッカー仕上げの白もしくは黒文字盤
2018年唯一のクロノマスターコレクション
36,000振動/時 クロノグラフムーブメント
COSC認定クロノメーター
シリコン製ガンギとアンクル

ムーブメント:エル・プリメロ 4061、自動巻き

キャリバー:13¼“`(直径:30 mm)

厚さ:6.60 mm

部品数:282

石数:31

振動数:36,000 振動/時(5 Hz) パワーリザーブ約 50 時間

機能
1/10 秒計測のクロノグラフ機能
中央に時針と分針
9 時位置にスモールセコンド
– 中央にクロノグラフ針
– 3 時位置に 30 分積算計
– 6 時位置に 12時間積算計

ケース:ステンレススティール製ケース

直径:42 mm

開口部直径:37.10 mm

厚さ:14.05mm

ガラス:両面無反射コーティングのドーム型サファイアガラス

裏蓋:シースルー サファイアガラス

防水機能:10 気圧

文字盤:ラッカー仕上げ

アワーマーカー:ロジウムプレート加工ファセットカット、スーパールミノーバ® 塗布

針:ロジウムプレート加工ファセットカット、スーパールミノーバ® 塗布

ストラップ&バックル
ブラックもしくはブラウンアリゲーターストラップ
スティール製フォールディングバックル

トミヤ メカミュージアム店

〒700-8538
岡山県岡山市北区表町2-1-39
086-226-1038
11:00~19:30 無休
http://www.tomiya.co.jp/shop/mechamuseum.html
http://www.tomiya.co.jp/

1932年創業の老舗時計店で「おもてなし」の精神で地域に溶け込む存在でありたいと願い、街を元気づける事の出来る時計・宝飾店を目指しています。専門知識のある、また、ブランドのトレーニングを受けたスタッフが丁寧に時計をご紹介いたします。

問合せ先
トミヤ メカミュージアム店
TEL.086-226-1038

一秒一秒を大切に。 選べる3つのクロノグラフ!

一秒一秒を大切に。 選べる3つのクロノグラフ!

クロノグラフというと、実生活ではちょっと「邪魔くさい」と思う人も多いかもしれないが、発売当初は航空機の航行、潜水艦の操船、競馬、ダイビング、病院での心拍測定など、さまざまな用途で使われていた。 私たち一般人にとっては、料理をしているとき、誰かを待っているとき、歩いているときなど、実際にクロノグラフ機能を使うことができます。

IWC パイロットウォッチ IW387903
型番: IW387903
直径:41mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ムーブメント: 69380
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:60m
理由: この直径41mmの腕時計は、スチール製のケースにブラックの文字盤、ブラウンのカーフスキン製のストラップが特徴です。 IWC史上初めて「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ」に搭載された自社製キャリバー69000は、「9時」位置と「12時」位置の2つのサブダイヤルで時・分を表示します。 2方向爪巻上げ機構により、46時間のパワーリザーブを実現。 軟鉄製インナーケースは、ムーブメントを磁場から保護します。

ブライトリング プイア A23310121G1X1 (トップタイム限定モデル)
型番:A23310121G1X1
直径:41mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:ブライトリング・キャリバー23
ケース素材:スチール
防水性能:30m
理由:1960年代のオリジナルモデルにインスパイアされたこのブライトリング・トップタイムの最も珍しい特徴は、「ゾロ」と呼ばれる大胆で型破りなスタイルの文字盤デザインにあります。 直径41mmのステンレススティール製ケースは48時間のパワーリザーブを備え、COSCによるクロノメーター認定を受けています。 3時位置の30分積算計は5~10秒が赤く塗られていますが、オリジナルと異なるのは、文字盤一番外側のタキメーターが削除されて1~100の10進数表示に変更されている点です。

ゼニス パイロットウォッチ 29.2430.4069/57.C808
型番:29.2430.4069/57。
直径:45mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:エル・プリメロ4069
ケース材質:ブロンズ
防水性能:100m
Why: ゼニス パイロット TYPE 20 スペシャルエディション ブロンズクロノグラフは、空の征服者の遺伝子をヴィンテージクロノグラフに集約したモデルです。 直径45mm、ブロンズ製のケースを採用しています。ゼニスのパイロットの象徴的なデザインである、誇張されたオニオンヘッドのリューズの両側には、フルート型の調整プッシュボタンが配されています。 この時計には、5Hzで振動し、10分の1秒単位で表示し、50時間のパワーリザーブを持つムーブメント、エル・プリメロ・キャリバー4069が搭載されています。

結論から言うと、クロノグラフの人気が衰えないのは、今流行しているスタイルも関係している。 スポーツやカジュアルがトレンドの今、大口径で複雑な形状のクロノグラフは、時計愛好家にとってまさにうってつけ。 また、クロノグラフ機能は、そのブランドの時計製造技術を示すものでもあるため、現在ではさまざまなクロノグラフモデルが存在します。 上記の3つのクロノグラフは、それぞれ特徴があるので、興味のある方はより注目してください。

特別仕様のダイビングウォッチのススメ。

特別仕様のダイビングウォッチのススメ。

ダイバーズウォッチは、優れたスポーティなデザインとプロフェッショナルウォッチとしての確かな機能性から、常に時計愛好家の間で求められてきました。 しかし、ダイバーズウォッチは熱い反面、人とぶつかる可能性も高くなります。 個人的には、ある程度の価格帯、例えば10万元前後であれば、人とぶつかる可能性を抑えつつ、自分らしい時計のセンスをアピールできる特別仕様の時計が選べるのではないかと思っています。

ブランパン フィフティ ファゾムス 5005-0153-naba
型番:5005-0153-naba
直径:43.60mm
ケース厚:13.83mm
ムーブメント:1318
ケース素材:グリーンセラミックベゼル
防水性能:300メートル
コメント:ダイビングウォッチに関して、ブランパンは常に海洋の探査と保護に積極的に取り組んでおり、「ハート・フォー・ザ・シー」プログラムの最新の取り組みとして、フランス領ポリネシアでトレンチレスハンマーヘッドシャークを研究しています。 ケースはセラミック製でサテン仕上げのブラック、直径は43.6mmです。 逆回転防止ダイビングクロノグラフベゼルには、ベゼルを引き立てるオーロララインをモチーフにしたグリーンセラミックをはめ込み、アワーマーカーと針には夜光塗料を塗って水中で着用しても視認できるようにしています。 サファイアガラスの裏蓋から見えるムーブメントには、キャリバー1315をベースに、精度、性能、洗練された美しさを特徴とするブランパンのクラシックな自動巻きムーブメント1318が搭載されています。 ブランパンがスポーツウォッチのために特別に開発したこの自動巻きムーブメントは、シリコン製ヒゲゼンマイと3つの香箱を備えたバランスホイール、最長5日間のパワーリザーブ、300m防水、樋のないハンマーヘッドシャークが刻印された金無垢のローターを備えています。 この時計は50本限定、公称価格115,500ドルで発行され、そこからブランパンは、この時計を購入したお客様1人につき1,000ドルを寄付し、ブランパンと共に、魅力ある海の世界を促進し保護するトレンチレスハンマーヘッドシャーク保全協会を支援します。

ユリス・ナルダン ダイビングコレクション 1503-170LE-3/93-HAMMER
型番:1503-170LE-3/93-HAMMER
時計の直径:44mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:UN-150
ケース素材:チタン、反時計回りに回転する逆回転防止内側凹型ベゼル
防水性能:300メートル
コメント:航海用時計からスタートしたユリス・ナルダンは、現在ではダイビング・コレクションがブランドのアイコンとなっています。 海との密接な関係に敬意を表して、ユリス・ナルダンは昨年末にこの「ダイビング クロノグラフ レッドハンマーヘッドシャーク」の限定版を発表しました。 時計のケースには、強度が高く、耐腐食性に優れたチタンを採用しています。 直径44mmのこの時計は、凹型デザインの逆回転防止ダイビングクロノグラフ回転ベゼルと、3つのサブディスク、3時位置に30分計、6時位置に時計とその下に日付表示、9時位置にスモールセコンドと中央に赤いクロノグラフ針を備えたブルーダイヤルを備えています。 針とインデックスには夜光塗料が塗布されており、水中の暗い場所でも鮮明に読み取ることができます。 ハンマーヘッドシャークのデザインは、近年のユリス・ナルダンの特徴である赤と青の配色で、ベゼルの接合部、クロノグラフの秒針、対応する12時位置に赤いハンマーヘッドシャークが刻印されたラバーストラップなど、この時計にも赤い要素が全面的に取り入れられています。 クローズドバックデザインで、ケースバックにはハンマーヘッドシャークがエングレーブされています。 シリコン脱進機を備えたユリス・ナルダン自動巻きキャリバーUN-150を搭載し、48時間のパワーリザーブと300m防水を備え、ケースサイドプレートには赤い数字の数字が刻まれており、300本の限定生産となっています。

パネライ SUBMERSIBLE サブマリーナー PAM00968
型番:PAM00968
直径:47mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:P.9010
ケース素材:ブロンズ/ブラウンセラミック製インデックス付き逆回転防止ベゼル
防水性能:300メートル
レビュー:2011年、パネライはブロンズケースを採用した限定ダイバーズウォッチを発表し、時計界を驚かせました。そして昨年、パネライはブロンズコレクションの最新作、PAM00968を発表しました。 ケースはブロンズ製で47mm、ケースサイドにはアイコンであるクラウンブリッジガードが付いています。 ケースはサテン仕上げですが、サテン仕上げは前々回のグリーンダイヤルのオールドサテン仕上げとは少し異なり、個人的にはブルーフェイスにポリッシュ仕上げのブロンズケースに少し傾いているような気がしています。 パネライは今回初めて、逆回転防止ベゼルにブラウンのセラミックディスクをはめ込み、3時位置の日付表示と9時位置のスモールセコンドを備えたブラウンダイヤルを引き立たせています。 文字盤のすべてのインデックスには暗闇でも視認できる夜光塗料が塗布され、ダイビングクロノグラフの回転ベゼルは、安全なダイビングの時間を正確にカウントすることを可能にしています。 ケースバックのサファイアクリスタル窓から眺めることができる両方向回転ローター巻上げの自動巻きキャリバーP.9010を搭載し、3日間のパワーリザーブと300m防水を備えています。 この時計には、ブラウンの文字盤ベゼルと同色のナチュラルレザーストラップに加え、アーミーグリーンのラバーストラップが装着されており、特に特別感を演出しています。

高精度な「クロノメーター」を搭載したヴィンテージウォッチを手に入れる。

高精度な「クロノメーター」を搭載したヴィンテージウォッチを手に入れる。

ここ数日、街で時計を探していると、なかなか面白いフォーマルウォッチを発見しました。 ご存知のように、市場にある伝統的なフォーマルウォッチは、スポーツウォッチほど目立つものではなく、メゾンによって異なるクラシックなデザインの要素もあり、汎用性の高いものがほとんどです。 では、1万円の予算内でより個性のある上質なものを購入したい場合、どちらを選べばいいのだろうか。

スイス時計の魂を持つジュネーブ発の時計ブランド、エミール・シュリエは、創業以来、スイス高級時計の厳しい時計製造基準と品質の最適化を守り続け、エミール・シュリエの時計はすべて、そのジュネーブの精神を受け継いで発展してきたものです。 少し前に、オフラインのカウンターで今年の新作を見ることができましたが、その中でも写真の新型レモンシリーズはとても目を引きました。 (Model: 00.1168.G40.6.6.29.6)

動作中の時計

今回ご紹介するのは、ジュネーブの時計製造の本質と奥深さを象徴するアルプスのレモン湖にちなんで名付けられたエミロンブランドの「レモン」コレクションの新作です。

この時計の最も特徴的なデザインは文字盤で、エミロンはこの新しい作品に、絡み合うテクスチャーで装飾されたオイルプレス加工のホワイトダイヤルを搭載しました。 通常、フォーマルウォッチにはブランド独自のデザイン上の特徴がありますが、写真のレモンの新作は、ブランドのDNAの魂である「タイムウィング」の形状に由来する文字盤のテクスチャーを、「タイムウィング」の高さと低さのカーブで挟み込んだ、非常に特別なもので、この価格帯の時計としては抜群の知名度とアドバンテージを持っていると言えます。

12時位置下のエミロンブランドロゴ

3時位置に実用的な日付表示

また、文字盤をよく見ると、ジュネーブの時計製造の深い伝統を受け継ぐ、独特のヴィンテージな美しさを持つアラビア数字の美しいデザインも確認できます。 アラビア数字には細部までこだわった特別なブルーイングが施され、調和のとれた美しい文字が、青い柳型の針と呼応して、文字盤に浮かんでいるように見え、ブルーとホワイトの絶妙な表情を醸し出しています。

また、このモデルのラグは、ブランドのDNAである「時の翼」を継承した非常に巧みなデザインとなっており、エミロンブランドならではのデザインとして認知度を高めています。

エレガントで紳士的な外観の新しいレモンメンズウォッチは、すっきりとしたラインで、働く男性の毎日の通勤に欠かせないパートナーです。 この時計は、頑丈なスチールケースの側面にポリッシュ仕上げを施し、金属独特の光沢感を出しています。

ポリッシュ仕上げのベゼルは、この時計の丸みを帯びた洗練されたデザイン美を見事に表現しています。

同じく正確な計時のためのノンスリップパターンを施したスチール製リューズの反対側には、ブランド独自の両翼ロゴが刻まれています。

この時計には、タイトなチェーン配置で装着感を高めたポリッシュ仕上げのスチール製ブレスレットが装着されています。

底面が裏蓋になっており、ケースバックからムーブメントをはっきりと見ることができます。 スイスクロノメーター認定の全自動機械式ムーブメントを搭載し、毎日の正確な時刻合わせを保証するほか、カレンダー機能も備え、30m防水で毎日の使用にも対応します。

まとめ:上記の「エミロン・レモン」コレクションの新作は、エレガントな外観と極めて多彩なスタイルで、毎日の通勤に非常に適しています。 1万円の予算内で選べる時計はたくさんあるが、このユニークで細部まで正確な新レモンは侮れない。

なぜロレックスは「2種類のヒゲゼンマイ」を持っているのか?

なぜロレックスは「2種類のヒゲゼンマイ」を持っているのか?

ロレックスに詳しい人なら、現在販売されているロレックスに使われているヒゲゼンマイには2種類あることを知っているはずだ。 ひとつは、ロレックスの32系/31系ムーブメント(3135/3235)や自動巻きクロノグラフムーブメント4130に主に採用されているロレックスパラクロムブルーニオブヘアスプリングです。 一つはロレックスのシリコンヘアスプリングで、主にロレックスのキャリバー2236に採用されている。

ロレックスは、すべてのメンズウォッチにパラクロムブルーニオブヘアスプリングを採用しています。

時計では、ロレックスのパラクロム・ブルーノビウムヘアスプリングは主にメンズウォッチ(中型以上のモデル)に、ロレックス・シロキシ・シリコンヘアスプリングは主にレディスウォッチ(小型のモデル)に使用されています。 この2種類のロレックスのヒゲゼンマイについては、「なぜロレックスは2種類のヒゲゼンマイを使っているのか」など、長年にわたって様々な議論がなされてきました。 ロレックスはなぜ、青いニオブ製ではなく、新しいシリコン製のヘアスプリングを採用しないのでしょうか? といった具合に。 そこで今日は、既存の解釈や意見に着目し、ロレックスが2種類のヘアスプリングを持つ理由をお伝えします。

現在ロレックスが使用しているヘアスプリングは、メンズウォッチに使用されているパラクロムブルーニオブヘアスプリングと、レディスウォッチに使用されているシロキシシリコンヘアスプリングの2種類である。

ヴァンガードは、「ブルーノビウム」ヘアスプリングの原点である。

長年にわたり、パラクロムブルーニオブヘアスプリングはロレックスの主要な「トレードマーク」となり、プレーヤーによく知られている。 しかし、実はロレックスが最初に採用したものではない(ブルーニオブヘアスプリング、つまりニオブ・ジルコニウム合金製ヘアスプリング)。

インヂュニア」コレクションに初めてニオブ・ジルコニウム製ヒゲゼンマイが採用されたのは、1989年のことでした。

1989年、ニオブ・ジルコニウム合金のヒゲゼンマイが初めて時計に採用されたのである。 インヂュニア」コレクションで初めてニオブ・ジルコニウム合金のヒゲゼンマイを採用し、耐磁性を主眼に置いた。 インヂュニア・キャリバー35790(インヂュニアバージョンではETA2892)に搭載されているニオブジルコニウム合金製ヒゲゼンマイは、50万A/m(約6250ガウス)の耐磁性を持ち、その優れた耐磁性を証明しています。 しかし、ニオブ・ジルコニウム製のヘアスプリングは技術的な制約から、高価で歩留まりも悪く、当時の大量生産に対応するのは困難だった。 情報筋によると、ニオブ・ジルコニウム合金のヘアスプリングを採用したUP社の技術者は、1989年から1992年までの短期間しか生産せず、約3,000本を販売したそうです。 その後、ヴァンガードは「パイロット」「インヂュニア」コレクションの磁気対策として、耐磁性インナーケースを採用するようになったのです。

ニオブ・ジルコニウム製ヒゲゼンマイを採用した「インヂュニア・ヴァンガード」では、文字盤に50万A/mの耐磁性が記されています。

ロレックスは、主に耐磁性を目的として、ニオブ・ジルコニウム製のヘアスプリングを開発した。

ヴァンガードのニオブ・ジルコニウム製ヒゲゼンマイは、ロレックスがブルーニオブ製ヒゲゼンマイを開発するための「出発点」だったのである。 ニオブ・ジルコニウム製ヘアスプリングの優れた性能を見て、ロレックスは新しいヘアスプリング、その後のパラクロムブルーニオブヘアスプリングの開発に多くの費用と時間を費やし、量産に入ったのである。 5年間の研究開発を経て、2000年に初めてパラクロム・ブルーニオブ・ヘアスプリングを搭載した自動巻きクロノグラフ・ムーブメント4130が発表されました。 ディアゴナル116520は、ロレックスで初めてパラクロムブルーニオブヒゲゼンマイを採用したモデルである。

2000年、ロレックスはパラクロムブルーニオブヘアスプリングを発表した。

ロレックスのパラクロムヘアスプリングは、ニオブとジルコニウムの2種類の金属を真空中で2400℃の高温で結合し、青い酸化膜を形成したもので、そのため「ブルーニオブヘアスプリング」という通称で呼ばれています。 ロレックスによると、パラクロムブルーニオブヘアスプリングの耐磁性能は50万A/m(約6250ガウス)以上と、「ヴァンガード」のレベルを超えているとのこと。 また、ロレックスのパラクロムブルーニオブヘアスプリングは、温度変化に弱く、従来のヘアスプリングに比べ10倍以上の耐衝撃性を持っています。

2000年に発表された自動巻きクロノグラフムーブメント4130は、ロレックスで初めてパラクロムブルーニオブヘアスプリングを採用したムーブメントである。

市販されている時計の大半は、スウォッチグループのニバロックス社(NivaroxFAR)のヘアスプリングを使用しており、鉄とニッケルの合金にクロムとコバルトを加えることで、ある程度の耐磁性も備えています。 しかし、ニバロックスワイヤーは鉄の含有量が少ないため、磁化の影響を受けやすい。 また、ニバロックスのヒゲゼンマイは温度変化にやや敏感です。 一方、ロレックスのパラクロムヘアスプリングは、鉄を避けるためにニオブ・ジルコニウム合金を採用しています。

ロレックス・デイトナ116520は、ロレックスで初めてパラクロム青焼きニオブ製ヒゲゼンマイを採用した腕時計である。

数字で見ると、従来のニバロックスのヘアスプリングが通常60ガウス(4800A/m)の耐磁性を持つのに対し、ロレックスのパラクロムブルーニオブヘアスプリングは6250ガウス以上の耐磁性を持ち、一般の時計よりもロレックスの耐磁性が高いことがわかります。

ロレックス・シロキシ・シリコンヒゲゼンマイは、パラクロム・ブルーノビウムヒゲゼンマイよりも磁気に強いのが特徴です。

2001年、ユリス・ナルダンは世界で初めてシリコン製ヘアスプリングを採用した時計を発売し、「ユリス・ナルダン フリーク」はその最初の時計となりました。

2001年、ユリス・ナルダンは初のシリコン製ヘアスプリングを発表し、FREAKウォッチに採用された。

その後、ユリス・ナルダン、ロレックス、パテック・フィリップ、スウォッチ・グループ、スイス電子・マイクロ技術センター(CSEM)が共同で「シリコン製ヘアスプリング技術コンソーシアム」を結成し、特許で保護されているシリコン製ヘアスプリング技術の開発に取り組んでいる。 ユリス・ナルダン、ロレックス(チューダーを含む)、パテック・フィリップ、スウォッチ・グループの時計がシリコン製ヘアスプリングを導入し、リシュモンとLVMHが導入していないのはこのためです(シリコン製ヘアスプリングに注目、シリコン脱進機ではない)。 リシュモンとLVMHは「アライアンス」のメンバーではなく、シリコン製ヒゲゼンマイに関する特許の制約を受けているからだ(一部の情報によると、ユリス・ナルダン、ロレックス、パテックフィリップ、スウォッチグループの特許保護は2021年に失効するとされている)。

ロレックスのスモールサイズのレディースウォッチ、すべてシロキシシリコンヘアスプリングを使用。

ロレックスの女性用時計に使われているキャリバー2236は、シロキシ・シリコンヒゲゼンマイを採用しています。

ロレックス・シロキシー・シリコンヘアスプリング

ユリス・ナルダン、パテック・フィリップ、スウォッチ・グループに比べ、ロレックスはシリコン製ヒゲゼンマイを導入したのが最も遅かったのである。 ロレックスがシロキシシリコンヘアスプリングを発売したのは2014年で、現在はレディースの2236ムーブメントにのみ使用されており、メンズウォッチは皆無です。 情報筋によると、ロレックスはシロキシシリコンヘアスプリングの構想・開発に10年以上を費やしたそうです(さらに検証可能)。 シリコンヘアスプリングは、非金属であるため、Syloxiのシリコンヘアスプリングは非磁性体である。 ロレックスはシロキシシリコンヘアスプリングの耐磁性に関するデータを公表していないが、シロキシシリコンヘアスプリングがパラクロムブルーニオブヘアスプリングよりも耐磁性に優れていることは事実である。 オメガのSi14シリコン製ヘアスプリングの時計は15,000ガウスで、シロキシシリコン製ヘアスプリングは、パラクロム・ブルーノビウム製ヘアスプリング(6,250ガウス以上)よりもはるかに耐磁性が高いのです。

ロレックス・シロキシー・シリコンヘアスプリング

オメガ Si14シリコン製ヒゲゼンマイ

さらに、ロレックスの特許技術であるシリコン製ヒゲゼンマイ「シロキシ」は、完全に水平な左右対称の形状で、ヒゲゼンマイの端に2つの穴があり、ヒゲゼンマイの端は直接バランスコックに固定されています。 これにより、シロキシー・シリコンヘアスプリングは最適な水平・対称の形状を実現しています。 ロレックスによると、シロキシシリコンヘアスプリングは「特許を取得した形状で、ムーブメントがどの位置でも規則正しく動く」(パラクロムブルーニオブヘアスプリングは、ヘアスプリングの端がテンプコックの外側のヘアスプリング山にクランプされているエンドワインド方式を採用しています)。 固定が違う)。

ロレックスシリコンヒゲゼンマイでは、ヒゲゼンマイの両端に、ヒゲゼンマイの両端が直接テンプに固定される穴が2つあります。

なぜロレックスはパラクロムブルーニオブヘアスプリングではなく、シロキシシリコンヘアスプリングを採用しないのでしょうか?

性能だけでいえば、シロキシシリコンヘアスプリングはパラクロムブルーニオブヘアスプリングより性能が高い。 なぜロレックスはパラクロムブルーニオブヘアスプリングではなく、シロキシシリコンヘアスプリングを採用しないのか、疑問に思う人は多いだろう。 なぜパラクロム・ブルーノビウム・ヘアスプリングはロレックスのメンズウォッチに採用され、シロクシ・シリコンヘアスプリングはレディスウォッチにしか採用されていないのか。 この問いに対しては、長年にわたってさまざまな意見があり、現在ではその意見が中心となっています。

ロレックス パラクロムブルーニオブヘアスプリング(左)とロレックス シロキシーシリコンヘアスプリング(右)。

1、ロレックスは新型シリコンヘアスプリング「シロキシー」に慎重なため、実験的にまず女性用時計に採用(パラクロム・ブルーノビウムヘアスプリングも当時は年ごとに少しずつ変更されていた)。

2.ロレックス パラクロム ブルーニオブ製ヒゲゼンマイの利点は、ロレックスの新型脱進機「クロノジー」や新型テンプに合わせられることです。 防磁性、パワーアップの点でも条件を満たしています。

ロレックス・キャリバー3235

ロレックス・キャリバー32に採用されている新型クロノジー脱進機。

皆さんご存知のように、ロレックスは32シリーズの新世代ムーブメント(3235など)にいくつかの新技術を採用し、32シリーズムーブメントの効率を上げ、70時間までパワーをアップさせました。 その新技術の中でも特に重要なのが、新型の「クロノジー脱進機」です。 新型のクロノジー脱進機は、軽量化を図るとともに、磁気に弱いニッケルリン合金を採用し、さらにパワーをアップしています。